平均寿命と健康寿命。

平均寿命と健康寿命。

先日、厚生労働省から昨年の日本人の平均寿命が男女ともに過去最大になった、と発表がありました。

男性が80.79歳で世界4位、女性が87.05歳で世界2位。

ちなみに世界1位は男女ともに香港でした。

医療技術の進歩健康志向の相乗効果が平均寿命が延びている要因ではないか、とのことです。

 

このニュースを聞いて、『健康寿命』の現状が気になり調べてみました。

 

 

 

素材 1 健康寿命とは?

 

まず、健康寿命の定義です。

人の寿命において「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」。

 

そして、平成26年版の厚生労働白書によると平成22年時のデータは次の通りでした。

男性 平均寿命:79.55歳 健康寿命:70.42歳

女性 平均寿命:86.30歳 健康寿命:73.62歳

日本人は平均寿命・健康寿命ともに延びていて、今後も延びていく事が予想されています。

 

ここで注目したいのが、平均寿命と健康寿命の差です。

 

これは、簡単に言うと「不健康な期間」で男性で9.13年、女性で12.68年になっています。

この「不健康な期間」が平成13年と比べると男性で0.46年、女性で0.4年長くなっています。

つまり健康寿命よりも平均寿命の方が延び率が高く

健康な期間も延びているが、不健康な期間も延びている状況です。

 

詳しい情報はコチラをどうぞ。

厚生労働省の平均寿命と健康寿命に関する資料です。

 

 

 

素材 1どうすれば健康になれるのか?

 

人間なるべく健康でいたいものです。

できることは何でしょう?

 

やはり、適切な食事、適切な睡眠、適切な運動でしょうか。

それと、身体的ストレス、精神的ストレスの対策も重要だと思います。

 

誰もが当たり前だと思う事を見つめなおし、自分流で続けることが、

健康寿命を延ばすことにつながるのかもしれません。

投稿日:2016年07月30日(土)